婚活でハイスペックな相手と出会って悟ったこと

学歴もルックスも自信があった婚活

婚活婚活パーティー

自分は学歴やルックスは良い方だと自負していたので、婚活を始めたときはスムーズに進められるだろうと楽観視していました。
知り合った女性にはスペックを褒められることが多かったので、うぬぼれた状態になっていたのでしょう。
その自信は、本当にハイスペックな相手と出会ったときに吹き飛ばされてしまいました。
最初は内面を重視して女性を選ぼうと考えていましたが、その方針は徐々に変わっていくことになります。
結婚している先輩から夫婦生活の話を聞くと、相手のスペックが良いのに越したことはないと思うようになったのです。
やはり美人のほうが一緒にいて気分が良いですし、仕事もこなせるほうが家計も楽になります。
そう考えて、紹介の依頼先に自分の望む条件を詳細に伝えました。
そんな相手がすぐに見つかることは期待していませんでしたが、その予想はすぐに外れることになります。
その日のうちにちょうど良い人がいると連絡を受けました。
当時の自分は、そんな素晴らしい女性が即座に見つかったことが不思議でなりません。

学歴もルックスも自信があった婚活 / 女性とレストランでデート。スペックをアピール / 一気に自信がなくなり、コンプレックスで彼女とのお付き合いは白紙に